• ※投票にはメールアドレスの登録が必要です。

  • シリアス王子のノンストップ探究心
    休日には流行を探しに。すべては買ってくれる人のために。

    山下 潤一 YAMASHITA JUNICHI

    JA町田市 代表
    (町田市)
    このJAの管内はこちら

    ※投票にはメールアドレスの登録が必要です。

所属JA
JA町田市(町田市)
よく呼ばれるあだ名
やまちゃん
年齢
27歳
身長
171センチ
主な生産品目
ハボタン、野菜(年間約60品目)
好きな農機
クボタのトラクター
とても扱いやすいので大好きです
愛用の農作業着メーカー
モンベル
特にカッパは通気性もいいので一年中気持ちよく着られます
座右の銘
せいこうどく
自他ともに認める「THEマイペース」です
心掛けること
「食べる方の気持ちを忘れない」
常に考えている言葉です。買った方がまた買いたくなってもらえるための努力は惜しみません
プチ自慢
小学校入学から専門学校卒業まで13年間無遅刻無欠席
家の裏が小学校だったこともありますが、13年間連続で皆勤賞をとれたことがプチ自慢です(笑)
ココで会えるかもポイント
JA町田市アグリハウスみなみ

ON

  • キーボードの左右(←)(→)で次の写真が見られます
  • キーボードの左右(←)(→)で次の写真が見られます
  • キーボードの左右(←)(→)で次の写真が見られます
  • キーボードの左右(←)(→)で次の写真が見られます
  • キーボードの左右(←)(→)で次の写真が見られます
  • キーボードの左右(←)(→)で次の写真が見られます
  • キーボードの左右(←)(→)で次の写真が見られます
  • キーボードの左右(←)(→)で次の写真が見られます
  • キーボードの左右(←)(→)で次の写真が見られます
  • キーボードの左右(←)(→)で次の写真が見られます

OFF

  • キーボードの左右(←)(→)で次の写真が見られます
  • キーボードの左右(←)(→)で次の写真が見られます
  • キーボードの左右(←)(→)で次の写真が見られます
  • キーボードの左右(←)(→)で次の写真が見られます
  • キーボードの左右(←)(→)で次の写真が見られます
  • キーボードの左右(←)(→)で次の写真が見られます
  • キーボードの左右(←)(→)で次の写真が見られます
  • キーボードの左右(←)(→)で次の写真が見られます
  • キーボードの左右(←)(→)で次の写真が見られます
  • キーボードの左右(←)(→)で次の写真が見られます

※投票にはメールアドレスの登録が必要です。

メッセージ

 都内の高校を卒業した後、滋賀県の農業系の専門学校に入り寮生活をしていました。実家を離れた生活は初めてでしたが、農業の知識や技術はもちろん、守らなければならない寮の規則や寮生とのコミュニケーション、物事の考え方など僕の人生でとても大きな糧となりました。就農して7年目になりますが、今でもそのときの経験がベースになっています。

 小さい頃から祖父に「畑を頼むぞ」と言われて育ったので、就農することに大きな抵抗はありませんでした。就農してからアスパラガスやズッキーニの栽培を始めたのですが、収穫や授粉させるタイミングが難しく、日々試行錯誤しながら農業を楽しんでいます。休みの日には百貨店やショッピングモールなどで、農作業着に使えそうなモンベルの服が出ていないかチェックしつつ食料品売場を見て、今流行っているものを探しています。時代の先を行くような野菜を育てていけるように、これからも農業を続けていきます。応援よろしくお願いします!

撮影スタッフ談

 朝イチからはじまったオフショットの撮影で訪れたのは、JR成瀬駅から徒歩10分ほどの「きみどりカフェ」さん。

 以前は写真スタジオの撮影スタッフとして働いていた方が開いたお店で、お料理だけでなく、記念日などの撮影メニューもあるめっちゃシャレオツなカフェです。雑誌やテレビの撮影で使われそうなこのお店のロケハン※は別のスタッフが行っていたため、初めて行ったJA職員の素人カメラスタッフは中に入った途端、「こんなお店で撮影できるなんて(「そんな撮り方じゃダメだ!」とか言われたらどうしよう)」と、武者震い2割+ビビり8割でヒザがガクブル・・・。お店の方は挨拶後、「開店前の準備があるので」とすぐに奥の厨房へ入りっぱなしと逆に気を遣っていただいたようでした。

 農作業風景の撮影では、山下さんお気に入りのクボタのトラクターで何回も乗り降りしてもらったり、ハンドルに寄りかかってもらったり・・・。おかげさまでトラクターショットは複数枚が採用となりました!半日以上かかった撮影にも「楽しかったんで、大丈夫ですよ」と山下さん。とてもやさしい好青年です!

※ロケハンとは・・・
 ロケーション・ハンティングの略。テレビや雑誌などの撮影で事前に撮影場所を下調べしておくこと。

野菜を育てるだけじゃない!

実はスゴいんです「畑のチカラ」

皆さんの自宅や学校、職場の近くにある畑。
実は野菜や果物を育てるだけではないんです。
東京に畑があることで役に立っている
おもな「畑のチカラ」をご紹介します!

  • 畑のチカラ01 みんなの食卓に
    産地と消費地が近いので、輸送する距離や時間がとても短く、
    新鮮なまま食卓にお届けすることができます。
  • 畑のチカラ02 子どもたちの食育に
    土に触れる機会の少ない子どもたちにとって、
    「農業体験」や「学び」の場として畑が活躍しています。
  • 畑のチカラ03 緊急避難場所に
    畑は火が燃え広がりにくく、近くに倒壊する建物も少ないので、
    災害時の一時避難場所として活用されています。
    ビニールハウスの中は暖かく、寒さをしのぐこともできます。
  • 畑のチカラ04 水害防止に
    畑には雨を一度蓄えて、少しずつ流す「治水」という機能があります。
    これにより、大雨が降っても下水道や河川の氾濫を防いでくれています。
  • 畑のチカラ05 休日のレジャーに
    東京都内でもイチゴやブドウ、ブルーベリーなどの収穫体験が楽しめます。
    日本のブルーベリー栽培は東京都小平市から始まりました。
    小平市ホームページはこちら
  • 畑のチカラ06 CO2削減に
    畑で育つ植物の光合成は二酸化炭素を削減し、
    地球温暖化防止に貢献しています。
  • 畑のチカラ07 やすらぎやリラックスに
    畑が生み出す景観には、人にやすらぎを与え、
    心を落ち着かせる効果があるといわれています。